【口コミ】ヤクルト「朝のフルーツ青汁」の評判は!?

便秘解消に効果的なのは青汁のどんな野菜?

青汁の原料となる野菜

青汁の原料はメーカーによって様々ですが、日本で良く知られているのが、大麦若葉とケールです。大麦若葉もケールも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富で、強力な抗酸化力を持っています。どちらも食物繊維が豊富で、しかも質が良いので、便秘解消に役立ちます。

 

食物繊維は、ほうきのように腸内を掃除します。腸内がきれいになると、美肌効果も高まります。大麦若葉は、目に良いルテインも含まれているので、長時間目を酷使することが多いデスクワークの人にぴったりです。

 

SOD酵素も豊富なので、活性酸素が引き起こす様々な病気から身を守ることができます。

 

質の良い睡眠と栄養の摂取で健やかな毎日を

ケールには、ベータカロテン、ビタミンC、ビタミンEなど抗酸化作用が高いビタミンが豊富に含まれています。ベータカロテンは、体内でビタミンAになり、皮膚を正常に保ちます。

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、活性酸素の発生によって傷付いた細胞を修復する働きがあります。ビタミンCには、ストレスを和らげる働きもあり、ビタミンEは血行を改善する効果が期待できます。

 

日本女性は、冷えに悩んでいる人が少なくありません。ビタミンEによって体の血行が良くなると、冷えの改善にも効果的です。青汁を摂取すると、便秘解消だけでなく、多くのメリットがあるのです。